乾燥肌とオイリー肌違いは?どっちがニキビができやすい?

肌質は人によって異なりますが、大きく分けると普通肌、乾燥肌とオイリー肌があります。また乾燥肌とオイリー肌が混在している混合肌という人もいるでしょう。ニキビや肌荒れなどを起こしやすいのはいったいどちらの肌質タイプなのでしょうか?今回は乾燥肌とオイリー肌の違いとニキビが出来やすい肌質について説明していきましょう。

 

【乾燥肌とオイリー肌の違いは?】

ニキビ20
乾燥肌とは肌の水分量が30%以下に低下している肌のことを言います。また皮脂分泌も少なく、肌表面がカサついてひび割れていることもあるのです。一方オイリー肌は脂性肌とも呼ばれており何等かの原因によって皮脂分泌が過剰になっている肌質のことを言います。肌の水分量も乾燥肌とは違い多めです。皮脂分泌は男性ホルモンの一種であるテストステロンやアンドロゲンが関与しています。これらのホルモンによって皮脂分泌が過剰になるケースがあるのです。またストレスや睡眠不足によってもホルモンバランスが乱れ皮脂分泌が過剰になります。また脂っこい食事をと続けていると脂性肌になることもあります。デコニキビの原因と治す方法を知りたい!!

 

【ニキビになりやすい肌質とは?】

ニキビ19
思春期ニキビはオイリー肌の人がなりやすいと言われていますが、大人になってできるニキビは乾燥肌の人がなりやすいです。乾燥肌になると肌表面の角質が厚くなります。角質が厚くなると毛穴の出口がふさがりやすくなってしまうので毛穴に皮脂がたまりやすくなるのです。また乾燥肌になると肌のバリア機能も低下するので、ニキビなどの炎症が起こりやすくなってしまうのです。

 

【ニキビケアにはしっかりと保湿をすることが重要】

ニキビ18
ニキビケアの方法はいくつもありますが、乾燥肌によってニキビができる場合には十分な保湿を心がけてください。保湿効果の高い成分を配合した化粧水でしっかりと保湿ケアを行ってあげれば、肌は潤いを取り戻します。潤いが保たれた肌は、ハリや弾力がアップするので見た目的にも若々しくなります。また保湿された肌は高いバリア機能を保持できるのでニキビができにくくなるのです。