大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

ニキビが出来ると目立ってしまいますし、炎症がひどければ痛みもありますし、本当に憂鬱な気分になってしまいますよね。またせっかくニキビが治ったのに、また再発したという経験をしたことがある人も多いでしょう。ニキビには、大きく分けると思春期時代にできる思春期ニキビと大人になってからできる大人ニキビがあります。
では大人ニキビと思春期ニキビではいったい何が違うのでしょうか?今回は大人ニキビと思春期ニキビの違いについて紹介しましょう。

 

【思春期ニキビって何なの?】

ニキビ5
まずは思春期ニキビの説明をします。思春期ニキビはその名の通り、10代の思春期にできるニキビ。ニキビは思春期によくでる病気と言われています。その理由が成長期で皮脂分泌が過剰になっていることが考えられます。思春期には大人に近づくために成長ホルモンが活発に分泌されます。この成長ホルモンが皮脂腺を刺激することによって皮脂が可能に分泌されてしまうのです。皮脂が大量に分泌されてしまうと、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなりますね。毛穴に詰まった皮脂は、ニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなってしまうので、どんどんニキビが増えてしまうのです。思春期にできるニキビはホルモンバランスが落ちつくとともに症状も軽減されていくでしょう。

 

【大人ニキビって何なの?】

ニキビ6
一方大人ニキビとは、思春期を過ぎて大人になってから発症するニキビ。大人ニキビの原因は、ストレス、睡眠不足、不規則な食生活、飲酒、喫煙、間違ったスキンケア、化粧品、乾燥などが考えられます。ストレスや不規則な生活習慣を続けていると、肌のターンオーバーサイクルは乱れてしまいます。肌のターンオーバーサイクルが遅くなると新しい皮膚がスピーディーに生まれ変われないので、ニキビができやすくなってしまうのです。また乾燥肌によるバリア機能の低下によっても、大人ニキビは出来やすくなりますよ。

 

【大人ニキビと思春期ニキビではニキビケア対策法が異なる】

大人ニキビと思春期ニキビは一見すると違いが分かりづらいですが原因が全く異なります。またできる位置にも違いがあり、思春期ニキビは皮脂分泌の多い鼻まわり、額、頬など広範囲に広がります。一方大人ニキビはフェイスライン、顎、首筋などにできるでしょう。
大人ニキビと思春期ニキビは原因が異なるのでケア方法も異なります。思春期ニキビは皮脂分泌を減らすような化粧水を使うのがおすすめ。また皮脂と水分量のバランスを保つこともポイントの1つ。大人ニキビに関しては保湿をしっかりと心がけて上げたいですね。生活習慣の改善も重要になってきます疑問解決!乾燥肌とオイリー肌違いは?どっちがニキビができやすい?