ニキビには化粧水がおすすめ

ニキビはよくある肌トラブルの1つ。ニキビが出来てしまったら早急に正しいニキビケアをする必要があります。正しいニキビケアをすることによって症状の進行を抑えることができるのです。特に大人になってからできる「大人ニキビ」と呼ばれるものは再発しやすいのが特徴。大人ニキビができる原因は、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなど様々です。正しいニキビケアをするには洗顔後に使用する化粧水選びはポイントになります。今回はニキビケアできる化粧水選びについて説明していきましょう。
ニキビ1

【正しいニキビケアをするためには化粧水選びが大切】

ニキビができてしまったら洗顔をしっかりする人が多いです。皮脂分泌が過剰になってニキビができた場合には洗顔をして余分な皮脂を取り除いてあげるのは重要です。しかしもっと大切なのは洗顔後の化粧水です。洗顔後そのまま放置してしまうと肌の乾燥が進みます。化粧水でしっかりと保湿を行ってあげる必要があるのです。つまりニキビを正しくケアするためには化粧水選びがポイントになるんですよね。

 

【どのような化粧水がニキビケアに向いている?】

化粧水と一言でいっても、たくさんのメーカーからいくつもの化粧水が販売されていますのでどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。ニキビ対策として化粧水を選ぶのであれば、有効成分の種類は何が配合されているのかをチェックすることでしょう。消炎効果のある成分やビタミン類を豊富に含む化粧水はニキビケアに最適です。特にビタミンC誘導体はニキビ対策におすすめ。ビタミンC有応対は抗酸化作用に優れており、体内に発生した活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素が肌にたくさん溜まっていると皮脂や角質を酸化させてしまい、ニキビができやすくなるので抗酸化作用は非常に重要です。
ニキビ2

【化粧水はコスパも重要】

化粧水は毎日継続して使用するものですので、あまりに高額なものを買うと続けて購入するのが難しくなります。高額な化粧水は有効成分がたっぷりと配合されているケースが多いのですが、もったいないと感じて少量ずつしか使用していなければニキビは改善されません。たっぷりと惜しげもなく使えるようなコストパフォーマンスのよい化粧水を選びたいですね。

 

ニキビになりやすい人の特徴

ニキビは肌トラブルの中でもよく起こる症状ですが、ニキビになりやすい人となりにくい人がいます。ではいったいどういう人がニキビになりやすいのでしょうか?今回はニキビになりやすい人の特徴について考えてみましょう。

 

【間違ったスキンケア】

ニキビになりやすい人の特徴として、間違ったスキンケアがあります。間違ったスキンケアとはいったいどのようなやり方なのでしょうか?よくあるのが洗顔のし過ぎです。ニキビができないようにと何度も洗顔をしたり、ごしごし肌を擦ったりする人がいます。しかしこれは逆効果。洗顔は朝、晩の1日2回に留めておくべきです。洗顔をやり過ぎると必要な皮脂まで洗い流されてしまうので肌が乾燥してしまいます。またごしごしこすってしまうと肌に負担がかかってしまうので、ニキビができやすくなってしまうでしょう。洗顔を行う時は泡で優しく撫でるように洗うのがベストなのです。また保湿がきちんと行われていない場合もニキビになりやすいです。セラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が配合された化粧水を使ってしっかりと保湿ケアを行いたいですね。

 

【不規則な食生活】

食生活が不規則な人はニキビになりやすいと言われています。不健康な食生活になると肌の状態が悪くなりニキビが出来てしまうのです。特に甘いものや、揚げ物など脂っこいものばかり食べていると皮脂分泌が過剰になってしまいます。皮脂が過剰に分泌されると毛穴に皮脂がつまりやすくなりニキビができやすくなるのです。ニキビができにくくするためには甘い物や脂っこいものはなるべく控えるようにしてください。その代わりにフルーツや緑黄色野菜を積極的に摂取していきましょう。野菜やフルーツにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているので健康的な肌へと導いてくれますよ。
ニキビ4

【睡眠不足は肌荒れの原因になる】

睡眠不足もニキビができやすくなる原因の1つ。特に22時〜2時の間はゴールデンタイムと呼ばれており、肌の再生に必要な時間と言われています。肌の再生は寝ている間に行われるので睡眠不足の状態が続いてしまうと、新しい肌が作られなくなってしまうのです。肌のターンオーバーサイクルが遅くなるとニキビが出来やすくなってしまうでしょう。ニキビ知らずの肌になるためには最低でも6〜7時間の睡眠が必
ニキビ3